'; ?> FXの「サヤ取り」とは※損失が少ない堅実な取引方法

FX取引における「サヤ取り」の基本的な考え方と実際の進め方について

FXを始めとする投資の分野において使われる手法のひとつに「サヤ取り」というものがあります。FXや株式などの金融商品への投資において、

 

「売り」と「買い」とを同時に行うことでその価格差より利益を狙う

 

のがサヤ取りの最も基本的な手法とされています。つまり、「売り」と「買い」の、いわゆる「両建て」がサヤ取りの基本的なスタンスであるといえます。

 

FXの取引においては相場のレートがどう動くかを判断することが重要になりますが、サヤ取りの場合は通貨の「売り」と「買い」とを両方同時に持つことによってレートの相場に関係なくリスクを抑えることができるというメリットがあります。

 

通常のFX取引では、相場が上昇するか下降するかを予測するということが基本となりますがサヤ取りは相場の動きを予測するものではなく、あくまでも「売り」と「買い」の開き具合だけを見る取引方法のため、

 

この2つの幅が大きく開いた時がエントリーするチャンス

 

となります。もっとも、サヤ取りをするからといって相場の値動きそのものを全く無視して良いかといえば決してそういったことはなく、FX取引で利益を得るための基本は相場のレートを確認することに変わりはありません。

 

それでもサヤ取りの場合は「売り」と「買い」の両方のポジションがあるためリスクが低いという特徴があります。

 

「売り」と「買い」の両方のポジションがあるということは、いわば「利益」と「損失」の両方が発生することが前提ともいえますので、出た損失を利益で補うことができるというメリットがあります。

 

サヤ取りがリスクが少ないというのはこうした理由からであり、うまく利用することで利益を積み上げることが可能です。

 

また、FX取引においては、利益を得ることについて重視される人が多いものですが、確実に利益を得て資金を増やしていくためには、いかに「損失を少なくするか」という仕組みづくりについても重要なポイントです。

 

サヤ取りは、こうした堅実な取引を行うための手法のひとつであるといえるでしょう。

2014/07/11 21:42:11 |
FXのバイナリーオプションは現在の為替レートが判定時刻より上がるか下がるか予測するシンプルなルールになっているのが魅力です。今までのFXでは新規注文を出したら決済注文を出して約定するまで取引が完結しませんが、バイナリーオプションでは一度購入すれば、判定時刻が来るまで待っているだけで構わないです。業者...